ののこめし - 透析食.com
ツイッター アイコン
インスタグラム アイコン
フェイスブック アイコン

>>直前のページへ戻る

ののこめし

大阪府栄養士会 透析食研究会

ログインをすると、お気に入り登録ができます。
ののこめしイメージ

鳥取県の郷土料理です。
油揚げの中に米、野菜を詰め、だし汁でじっくりと炊き上げた料理です。
綿の栽培が盛んな鳥取県では綿の入ったはんてんを「ぬのこ」と言います。
形が似ていることから「ぬのこ」がなまって「ののこ」と呼ばれるようになったそうです。

栄養成分

エネルギー
394kcal
タンパク質
10.8g
塩分
0.7g
カリウム
267mg
リン
146mg
水分量
350.6ml

材料

70g
油揚げ
20g
にんじん
10g
ごぼう
10g
しいたけ
5g
鶏もも皮つき
10g
だしパック(いりこ味)
1/2袋
★濃口醤油
5g(小さじ1弱)
★酒
5g(小さじ1)
★みりん
5g(小さじ1弱)
★砂糖
1g(小さじ1/3)

作り方

1 油揚げは油抜きし、半分に切って袋状に開く。
2 米をとぐ。
3 水300mlにだしパック1袋を入れて火にかける。
沸騰後、中火で煮出す。
4 にんじん、ごぼう、しいたけ、鶏もも肉を細かく切る。
5 米をザルに上げて水切りし④と混ぜ、等分にして油揚げに詰める。
6 油揚げの口を爪楊枝で波状に留める。
7 炊飯器に⑥を並べて、だしに★を加え、0.5合の線まで合わせだしを入れる。
8 炊飯のスイッチを入れて炊き上がったらできあがり。

ポイント・コツ

揚げに具材を詰める時に油揚げが破れないよう、具材は小さく切ってください。
あっさりとした味付けにしていますので、メインにボリュームのある天ぷらを組み合わせました。
組み合わせ例:天ぷら・大根おろし・酢の物


ののこめし

大阪府栄養士会 透析食研究会

ののこめしイメージ

鳥取県の郷土料理です。
油揚げの中に米、野菜を詰め、だし汁でじっくりと炊き上げた料理です。
綿の栽培が盛んな鳥取県では綿の入ったはんてんを「ぬのこ」と言います。
形が似ていることから「ぬのこ」がなまって「ののこ」と呼ばれるようになったそうです。

栄養成分

エネルギー
394kcal
タンパク質
10.8g
塩分
0.7g
カリウム
267mg
リン
146mg
水分量
350.6ml

材料

70g
油揚げ
20g
にんじん
10g
ごぼう
10g
しいたけ
5g
鶏もも皮つき
10g
だしパック(いりこ味)
1/2袋
★濃口醤油
5g(小さじ1弱)
★酒
5g(小さじ1)
★みりん
5g(小さじ1弱)
★砂糖
1g(小さじ1/3)

作り方

1. 油揚げは油抜きし、半分に切って袋状に開く。
2. 米をとぐ。
3. 水300mlにだしパック1袋を入れて火にかける。
沸騰後、中火で煮出す。
4. にんじん、ごぼう、しいたけ、鶏もも肉を細かく切る。
5. 米をザルに上げて水切りし④と混ぜ、等分にして油揚げに詰める。
6. 油揚げの口を爪楊枝で波状に留める。
7. 炊飯器に⑥を並べて、だしに★を加え、0.5合の線まで合わせだしを入れる。
8. 炊飯のスイッチを入れて炊き上がったらできあがり。

ポイント・コツ

揚げに具材を詰める時に油揚げが破れないよう、具材は小さく切ってください。
あっさりとした味付けにしていますので、メインにボリュームのある天ぷらを組み合わせました。
組み合わせ例:天ぷら・大根おろし・酢の物