便秘を解消しよう ~食事から便秘対策を~ - 透析食.com

2021年12月13日

透析を始める方へ

便秘を解消しよう ~食事から便秘対策を~

透析食.com 最所春香

透析患者さんは便秘になりやすいと言われています。便秘になるとお腹が痛くなったり、吐き気を伴う恐れがあります。今回は便秘について詳しくご紹介していきたいと思います。


・便は何からできているの?

みなさんは便は何からできているかご存じでしょうか?便の約80%は水分からできています。残り約20%の1/3が食べかす、1/3が腸内細菌、1/3が腸細胞でできています。この中でも大切なのが腸内細菌です。腸内細菌は体の健康に大きく作用しています。腸内細菌は3種類の菌からなり、健康な人はこの菌のバランスが保たれています。腸内細菌を増やすことで健康な便を排出することがでます。

【便に含まれる成分】


・便秘の種類

便秘はいくつか種類があります。

①大腸の運動が低下しておこる

②神経の乱れにより大腸が緊張して便がうまく運ばれない

③排便のサインが起こらず直腸に便が停滞してしまう など。


・透析患者さんが便秘になりやすい理由は?

では、透析患者さんはなぜ便秘になりやすいのでしょうか?

①水分制限により便が出にくくなる。

便のほとんどが水分でできています。しかし、透析患者さんは水分の制限があり便がスムーズに排出されにくくなります。

②カリウムやリンを下げる薬の副作用のため。

透析患者さんはカリウムやリンの制限があり、これらを薬でコントロールするときもあります。この薬の副作用で便秘になりやすくなります。

③食物繊維の不足によるもの。

食物繊維が多く含まれる食材には、カリウムが多く含まれがちです。そのため、それらの食材を避けることで食物繊維の不足が生じ、便がでにくくなります。


・便秘予防(食事編)

■食物繊維が多い食材を摂取しよう。

食物繊維は小腸で消化、吸収されずに、大腸まで達する栄養成分です。そのため便の体積を増やす材料となったり、大腸の環境をよくする腸内細菌に利用され便の排出を促してくれます。透析患者さんはカリウム制限があるため、いも類、豆類、海藻類が不足しがちです。よく使われる食材をもとに、食物繊維を多く含む食材をまとめました。

1日の摂取量の目安・・・男性20g/日以上 女性16g/日以上

【食品100gあたりの食物繊維の量】

■毎日食事の時間を決め、生活リズムを整えて規則正しい食事をする。

 毎食食事をすることで体内のリズムができ、排便をうながしやすくなります。

■ヨーグルトなどの乳製品を摂取したり、オリゴ糖などを活用する。

 乳製品にはリンが多く含まれるため、1日の栄養素量の範囲内で取り入れましょう。


・透析食.comからのおすすめレシピ

【けんちんつけそば 】

エネルギー 441kcal

たんぱく質 17.4g

食物繊維 6.2g

カリウム 543mg

リン 276mg

塩分 1.6g


【切り干し大根の煮物】

エネルギー 114kcal

たんぱく質 1.6g

食物繊維 1.2g

カリウム 404mg

リン 39mg

塩分 0.5g


【揚げじゃが芋のみそ和え 】

エネルギー 119kcal

たんぱく質 1.7g

食物繊維 1.4g

カリウム 274mg

リン 36mg

塩分 0.5g


・便秘予防(その他編)

■適度な運動をする。

運動不足になると身体の筋肉が使われなくなり硬くなってしまいます。そのため腸に使用する筋肉も衰え、便が排出されるのを防ぐ必要があります。

■ストレスをためない。

腸の動きをコントロールしているのは自律神経です。ストレスがたまると自律神経が乱れ、腸の動きも鈍くなります。便秘予防のためにもご自身のストレス発散方法を見つけましょう。


・さいごに

便秘の原因は食事や不規則な生活など、さまざまな原因で起こります。まずは自分の生活を見直してできることから始め、便秘を予防しましょう。


Powered by Froala Editor

姉妹サイト