透析患者さんと低栄養について ~低栄養を防ぐためには?~ - 透析食.com
ツイッター アイコン
インスタグラム アイコン
フェイスブック アイコン

2021年5月24日

透析を始める方へ

透析患者さんと低栄養について ~低栄養を防ぐためには?~

透析食.com 最所春香

普段の生活の中で、体調が優れないと感じる時もあるかと思います。
それは栄養が足りていないことが原因かもしれません。
透析患者さんは、様々な理由で低栄養になりやすいです。
今回は、低栄養にならないために、注意するべきことについてご紹介していきます。
また、食事の際に気を付けるポイントも詳しく見ていきましょう。

コラム63_2_1イメージ

低栄養とは、主にエネルギー・たんぱく質が不足している状態のことを言います。
診断基準としてアルブミン、BMI、筋肉量の減少、たんぱく質やエネルギーの減少などがあります。

■透析患者さんが低栄養になりやすい理由

・食事摂取量の不足
・尿毒症や食欲抑制物質の蓄積などによる食欲低下
・たんぱく質などの分解亢進
・透析治療によるアミノ酸喪失  など

上記のように、低栄養になる理由は様々ですが、今回は食事摂取量の不足について説明します。

①エネルギー不足に注意する

エネルギーが不足すると・・・

コラム63_11_1イメージ

◎エネルギーを確保するために
●主食(ごはん、パン、麺類など)をきちんと取りましょう。
●油脂類(マヨネーズ、ドレッシング、揚げ物など)を取り入れましょう。

コラム63_13_1イメージ

②良質なたんぱく質を摂取する

アミノ酸の中でも必須アミノ酸は、体内で合成できないため、食事からとる必要があります。
必須アミノ酸は、良質なたんぱく質に多く含まれています。積極的に摂取しましょう!

主に、たんぱく質は2つに分けられます。

●動物性たんぱく質・・・卵、肉類、魚介類、乳製品➡良質なたんぱく質を多く含む!

コラム63_16_1イメージ

●植物性たんぱく質・・・豆類、穀類、野菜類

コラム63_18_1イメージ

しかし、たんぱく質にはリンが多く含まれています。
リンは、透析患者さんにとって、とりすぎは禁物です。
リンについての詳しいコラムも、以前紹介しているので▼こちら▼をご覧ください!

③「食べる」ことを意識する

低栄養にならないためには、まず「食べる」ことが大切です。
透析患者さんは、カリウムやリンの制限がありますが、ご自身が「これなら食べられる」と思うものから食べると、栄養を食べ物から摂取できます。まずは、食べ物を口にすることから始めましょう!

【例えば】
・おにぎり、冷ややっこ、飲料ゼリーなど、少量で食べやすいものを食べる。
・うどんや素麺など、口当たりのよい食品を選ぶ。
・親子丼など、主食と主菜が合わさった料理を選ぶ。

コラム63_22_1イメージ

それでも食欲がない場合は、主治医などに相談をして、栄養補助食品などを利用すると、栄養が補えます。

~他人丼~

コラム63_26イメージ

レシピの詳細は▼こちら▼

・・・栄養成分・・・
エネルギー    599kcal
タンパク質    19.8g
塩分       1.5g
カリウム     391mg
リン       262mg
水分量      332.2ml

牛肉を卵でとじたレシピです! 良質なたんぱく質を含む卵と肉を使っています!
牛肉の代わりに、脂身の多い豚肉などを使用すると、リンやカリウムの量を抑えることができます。

~バンバンジー風サラダ~

コラム63_29イメージ

レシピの詳細は▼こちら▼

・・・栄養成分・・・
エネルギー    599kcal
タンパク質    19.8g
塩分       1.5g
カリウム     391mg
リン       262mg
水分量      332.2ml

さっぱり食べられるサラダです。このレシピのドレッシングは、手作りです。
調理工程もとても簡単です♪ ぜひ、ご賞味ください!

鶏むね肉は、鶏肉の中でもリンやカリウムが多く含まれます。
食べすぎには注意しましょう。

◎さいごに

バランスの良い食事を心がけて、健康な毎日を過ごしたいですね。
透析食.comでは、毎日新しいレシピを更新しています。
献立に迷ったときは、参考にしてください!
その他にも、透析患者さんに役立つ情報を掲載していますので、ぜひご覧ください♪

コラム63_33_1イメージ

姉妹サイト