透析食クイズにチャレンジ! ~温かい飲み物編~ - 透析食.com
ツイッター アイコン
インスタグラム アイコン
フェイスブック アイコン

2021年2月9日

クイズ

透析食クイズにチャレンジ! ~温かい飲み物編~

透析食.com 酒井彩花

寒い日には温かい飲み物が飲みたくなりますね。

しかし透析患者さんは、体重増加に影響があるため飲水量に注意が必要です。

今回は飲み物の中でも冬に飲みたくなる飲み物についてクイズ形式で紹介します。
気になる飲み物選びのポイントと一緒に学んでいきましょう!

コラム54_2_1イメージ
コラム54_4_1イメージ

それでは第1問です!

Q1. 紅茶と緑茶では、カリウムが多いのはどちらでしょうか?

コラム54_8_1イメージ
コラム54_9_1イメージ

気になる正解は・・・

コラム54_11_1イメージ

A. 緑茶

コラム54_13_1イメージ

解説: 緑茶の中でも『玉露』はカリウムが一番多いです。

コラム54_15_1イメージ

食品100gあたりの栄養成分一覧

エネルギー
(kcal)
水分
(ml)
たんぱく質
(g)
カリウム
(mg)
リン
(mg)
塩分
(g)
紅茶

1

99.7

0.1

8

2

0.0

玉露

5

97.8

1.3

340

30

0.0

※女子栄養大学 監修「栄養Pro」から引用しています。
※材料によって成分が異なりますので目安としてください。

緑茶の種類はいろいろありますが、特に『玉露』『抹茶』などの色が濃いお茶はカリウムが多いです。
食事とともによく飲まれている『煎茶』『番茶』『ほうじ茶』は玉露ほどではないですが、カリウムは含まれています。
緑茶の中で『玄米茶』はカリウムが少ないのでおすすめです!

紅茶はカリウムが少ない飲み物です。
しかし牛乳をいれるとリンが多くなるので、ストレートで飲みましょう。

緑茶のカリウム含有量

コラム54_20_1イメージ

第1問は正解できましたか? では、続いて第2問にいきましょう!

Q2. ミルクココアとカフェオレでは、カリウム、リンが多いのはどちらでしょうか?

コラム54_24_1イメージ
コラム54_25_1イメージ

気になる正解は・・・

コラム54_27_1イメージ

A. ミルクココア

コラム54_29_1イメージ

解説: ココアはカリウムが多いですが、牛乳で溶かすとさらにカリウム、リンが多くなります。

コラム54_31_1イメージ

食品100gあたりの栄養成分一覧

エネルギー
(kcal)
水分
(ml)
たんぱく質
(g)
カリウム
(mg)
リン
(mg)
塩分
(g)
ミルクココア

137

87.7

4.6

274

134

0.2

カフェオレ

38

93.8

1.9

125

52

0.1

※女子栄養大学 監修「栄養Pro」から算出しています。
※材料によって成分が異なりますので目安としてください。

ココアやインスタントコーヒーなど粉末を溶かして飲むタイプは、粉の量に注意です。

ミルクココアは調整ココアとも呼ばれ、砂糖やミルクなどを混ぜ合わせて飲みやすくしたものです。
一方で、砂糖やミルクなどを一切含まない純ココアがあります。
『純ココア』より『ミルクココア』のほうがカリウムが少なく、お湯で溶かしても美味しく仕上がります。

カフェオレは通常濃いめのコーヒーに牛乳をいれますが、コーヒーは濃ければ濃いほどカリウムが多くなります。
インスタントコーヒーで作るよりもレギュラーコーヒーで作るほうがカリウム、リンが少なくなり、おすすめです。

カフェオレのカリウム含有量

コラム54_36_1イメージ

◎飲み物のカリウム、リンの量を知る。
飲み物の種類によって、カリウム、リンは異なります。
別のコラムに詳しく記載していますので、是非こちらもチェックしてください。
『“飲み物”のリン・カリウム』のコラムは▼こちら▼

◎飲む量を決める。
内服時の水、食事や間食時の飲み物の量は人それぞれです。
1日の水分摂取可能量を分配し、1食に飲む量を決めましょう。

◎毎日飲む飲み物、たまに飲む飲み物を分ける。
普段の飲み物は、カリウム、リンが少ない玄米茶、麦茶、ウーロン茶、紅茶がおすすめです。
しかし、お茶の時間が楽しみな方も多いと思います。カリウム、リンが多い飲み物はたまに楽しみましょう。

◎冷たい飲み物よりも温かい飲み物を選ぶ。
冷たい飲み物は一気に飲めますが、温かい飲み物は一気には飲めないので、結果少量で満足できます。

コラム54_39_1イメージ

飲み物の種類によって、カリウム、リンの量は異なります。

限られた水分量の中で、カリウム、リンに配慮して飲み物を選んでくださいね!
温かい飲み物でほっこり温まりましょう。

コラム54_42_1イメージ