透析中でも旬の食材を楽しもう!~秋のお魚編~ - 透析食.com
ツイッター アイコン
インスタグラム アイコン
フェイスブック アイコン

2020年10月15日

食べ物・飲み物

透析中でも旬の食材を楽しもう!~秋のお魚編~

透析食.com 酒井彩花

みなさんは秋といえば何を思い浮かべますか?
『読書の秋』、『スポーツの秋』、『芸術の秋』などさまざまありますが、『食欲の秋』は欠かせませんよね。
そんな食欲の秋に旬を迎える食材についてご紹介します。今回は【魚】についてです。

魚以外にも秋に食べたい食品はたくさんありますよね。
果物、いもについては別のコラムに詳しく記載しています。
カリウムの量について紹介していますので、ぜひこちらもチェックしてくださいね。

果物のコラムは▼こちら▼
いものコラムは▼こちら▼

コラム46_2_1イメージ

秋が旬の魚はいろいろありますが、その中でも身近な5種類の魚に厳選してご紹介します!

コラム46_6_1イメージ

エネルギー
(kcal)
水分
(ml)
たんぱく質
(g)
カリウム
(mg)
リン
(mg)
塩分
(g)
いわし(まいわし)

169

68.9

19.2

270

230

0.2

かつお(秋獲り)

165

67.3

25.0

380

260

0.1

さけ(しろさけ)

133

72.3

22.3

350

240

0.2

さば(まさば)

247

62.1

20.6

330

220

0.3

さんま

297

57.7

17.6

190

170

0.3

※女子栄養大学 監修「栄養Pro」から引用しています。

リンはたんぱく質に多く含まれているため、たんぱく質の割合が多い食品はリンも多くなります。
魚の特徴として、肉に比べてエネルギーが少なく、リンが多いです。
それぞれの魚について、ご説明します!

透析患者さんにとって気を付けたいこと、また透析食.comの中からおすすめのメニューなどをご紹介します。

いわし

いわしは他の魚に比べてカリウム、リンはそれほど多くありませんが、エネルギーは少ないです。
リンは骨や内臓に多く含まれているので、南蛮漬けなどの丸ごと調理したものや、小骨が多いいわしを食べるときには注意が必要です。

【いわしのごま焼き】

コラム46_15イメージ

レシピの詳細は▼こちら▼

◆栄養成分◆
エネルギー:126kcal
タンパク質:11.2g
カリウム :212mg
リン   :150mg
塩分   :0.6g

<ポイント>
青魚であるいわしは生臭さが強く苦手な方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで下味をつけて臭みを和らげます。
ごまをたっぷりかけてごまの風味を効かせます。

かつお

かつおはカリウム、リンが多く、エネルギーが少ないです。
かつおは年に2回、初夏にエサを求めて北上する『初がつお』と、秋にたっぷり太って南下する『戻りがつお』があります。
戻りがつおは初がつおに比べて脂がのっていて、栄養も豊富です。
カリウム、リンが多いので、おやつの果物を減らしたり、他のおかずはたんぱく質を含まない料理にするなどバランスをとっていきましょう。

【かつおのパスタ】

コラム46_20イメージ

レシピの詳細は▼こちら▼

◆栄養成分◆
エネルギー:540kcal
タンパク質:25.1g
カリウム :754mg
リン   :309mg
塩分   :2.2g

<ポイント>
かつおのたたきをアレンジした料理です!
具材はかつおのたたきや野菜がたっぷり入っていてカリウムやリンが多いので、例えば▼こちら▼のグレープゼリーを組み合わせるのがおすすめです。

さけ

さけはカリウム、リンが多く、エネルギーが少ないです。
さけにはいろいろな品種がありますが、秋が旬の品種は『しろさけ』です。
さけの赤い身に含まれるアスタキサンチンには抗酸化作用があり、動脈硬化予防の効果が期待できます。
カリウム、リンが多いので、かつおと同様に他のおかずとのバランスを考えるといいでしょう。
エネルギーが少ないので、揚げ物にして油を上手に利用するといいですね!

【鮭のもみじ揚げ】

コラム46_25イメージ

レシピの詳細は▼こちら▼

◆栄養成分◆
エネルギー:228kcal
タンパク質:15.1g
カリウム :376mg
リン   :185mg
塩分   :1g

<ポイント>
揚げ物にしてエネルギーアップ!
すりおろした人参で紅葉をイメージしています。人参の汁は絞ることでカリウムを減らすことができます。

さば

さばは他の魚に比べてカリウム、リンはそれほど多くはありませんが、エネルギーは多いです。
購入する際に気をつけなければいけないのが、塩さばを誤って購入することです。
塩さばは、生のさばに比べて6倍の塩分が含まれているので、食べる量を減らさないといけなくなります。商品名をよく見て購入してくださいね。

【サバの大葉味噌マヨ焼き】

コラム46_30イメージ

レシピの詳細は▼こちら▼

◆栄養成分◆
エネルギー:198kcal
タンパク質:13.6g
カリウム :261mg
リン   :151mg
塩分   :1g

<ポイント>
さば料理で上位にランクインするものと言えば、さばの味噌煮!
味噌で煮ることで臭みを和らげます。
しかし煮物料理は塩分が増えて気になるという方も多いのではないでしょうか。
今回は味噌と香味野菜の大葉を使ったタレをさばにかけて焼きました!

さんま

さんまは魚の中ではカリウム、リンが少なく、エネルギーが多いです。
さんまは丸ごと一匹焼いて食べる方もいらっしゃると思います。その際骨や内臓はリンが多いので残しましょう。
また缶詰は、手軽に食べられるので利用しやすいですが、骨ごと食べられるように加熱処理されているためリンが多いです。1缶すべて食べるのではなく1/2程度にして、あとは残しましょう。
リンが少なくエネルギーが多いさんまは、透析患者さんにおすすめです!

【さんまの塩焼き】

コラム46_35イメージ

レシピの詳細は▼こちら▼

◆栄養成分◆
エネルギー:261kcal
タンパク質:20.7g
カリウム :344mg
リン   :219mg
塩分   :1.2g

<ポイント>
さんまは切り身を使用することで、リンの摂取が多くなるのを防ぐことができます。
付合せは大根おろしでもOKですが、量は30g程度にしましょう。
大根の汁は絞ることでカリウムを減らすことができます。

たんぱく質
たんぱく質は体を作るのに必要な栄養素です。
不足すると体のやせや筋肉量の減少につながります。

DHA、EPA
魚に含まれる脂肪はDHA、EPAといったn-3系多価不飽和脂肪酸で、動脈硬化を予防する働きがあります。
透析患者さんは血管の石灰化などにより動脈硬化を起こしやすくなっていますので、ぜひ摂っていただきたい栄養素です。

ビタミンD
青魚にはカルシウムの吸収を促すビタミンDが豊富に含まれています。
ビタミンDは肝臓と腎臓で活性型に変化して、ビタミンDの作用を発揮します。
腎臓の機能が低下している透析患者さんは活性型ビタミンDが産生されず、カルシウムの吸収がうまくできなくなるため、骨がもろくなりやすいです。
透析患者さんには意識して摂っていただきたい栄養素です。

秋が旬の魚についてご紹介しましたが、スーパーにはいろいろな種類の魚があります。
改めて魚選びと調理のポイントをおさらいしましょう。

魚選びのポイント

◎赤身よりも脂身が多いものを選ぶ
脂肪はカリウム、リンともに少ないので、脂身が多いものを選びましょう。

◎丸ごと一匹(ししゃもなど)よりも切り身を選ぶ
魚の骨や内臓にはリンが多く含まれていますので、丸ごと一匹だとリンも増えてしまいます。

調理のポイント

◎一食の目安量は60~80g(切り身なら小1切)程度

◎魚はエネルギーが低いので、揚げ物などの調理方法を取り入れ、エネルギーアップさせましょう。

リンが多く含まれている魚には、良質なたんぱく質や脂肪が豊富に含まれており、これらは体に必要な栄養素です。

旬の魚は栄養が豊富なのでぜひ食べていただきたいです。

コラム46_44_1イメージ