透析食クイズにチャレンジ!(水分編) - 透析食.com
ツイッター アイコン
インスタグラム アイコン
フェイスブック アイコン

2020年7月8日

クイズ

透析食クイズにチャレンジ!(水分編)

透析食.com 酒井彩花

今回は透析患者さんにとって必要な食事管理の一つ【水分】について、クイズ形式でご紹介します。
第1弾【塩分編】は▼こちら▼
第2弾【カリウム編】は▼こちら▼
第3弾【リン編】は▼こちら▼

コラム40_2_1イメージ

夏はのどの渇きを感じることが多く、いつもより多く水分を摂ってしまいがちです。
水分は飲み物だけではなく、料理や食品そのものにも含まれています。

水分量が多い食材は?気になる食事管理のポイントと一緒に学んでいきましょう!

コラム40_4_1イメージ

それでは第1問です!

Q1.同じ食材でも調理法が異なる場合、【焼く】【揚げる】【蒸す】【炒める】【煮る】の調理法を水分量が少ない順に並び替えてください。

コラム40_8_1イメージ
コラム40_9_1イメージ

気になる正解は・・・

コラム40_11_1イメージ

A.揚げる < 炒める < 焼く < 煮る < 蒸す

コラム40_13_1イメージ

解説:同じ食材でも、調理法によって料理の水分量が変わります。

コラム40_15_1イメージ

水分量は 揚げる<炒める<焼く<煮る<蒸す の順番で多くなります。
揚げ物や炒め物は調理中に食材に含まれている水分が蒸発するので、水分量が少なくなります。

1回の食事の中で、水分量の多いメニューが2品以上重ならないようにする、また煮汁は残すようにするといった工夫をしていきましょう。

下記表と図は、水分量が少ないメニュー、多いメニューの代表例です。
メニューを選ぶ際の参考にしてください。
※女子栄養大学 監修「栄養Pro」から算出しています。
※材料によって成分が異なりますので目安としてください。

水分量が少ないメニューの栄養成分

エネルギー
(kcal)
水分
(ml)
たんぱく質
(g)
カリウム
(mg)
リン
(mg)
塩分
(g)
フライドチキン

234

56.9

14.1

254

142

1.1

春巻き

371

76.8

11.7

319

119

1.1

焼き鳥

152

68.3

17.8

308

175

1.4

オムレツ

133

51.7

7.1

93

108

0.6

サンマの塩焼き

241

94.9

13.9

269

141

2.1

コラム40_19_1イメージ

水分量が多いメニューの栄養成分

エネルギー
(kcal)
水分
(ml)
たんぱく質
(g)
カリウム
(mg)
リン
(mg)
塩分
(g)
茶碗蒸し

61

114.4

7.2

168

102

1.1

カレーライス

686

325.8

10.3

657

190

2.7

雑炊

337

453.5

12.3

424

198

2.2

おでん

214

484.6

15.5

800

172

4.3

ラーメン

443

597.3

21.6

594

249

5.8

コラム40_22_1イメージ

おまけ

水分量だけで考えた場合、同じような料理の中で、より水分が少ないメニューを具体的にご紹介します。

体重増加が気になるとき、どちらがいいか悩んだときの参考にしてくださいね。

コラム40_26_1イメージ

●ごはん、おかゆ、雑炊 or もち、パン
⇒もち、パン

●カレーライス or ドライカレー
⇒ドライカレー

●汁あり麺(かけうどん、かけそば、ラーメン、にゅうめん)or 炒め麺(焼きうどん、焼きそば)、つけ麺(ざるうどん、ざるそば、冷やしそうめん)
⇒炒め麺(焼きうどん、焼きそば)、つけ麺(ざるうどん、ざるそば、冷やしそうめん)

●煮物(おでん、肉じゃが、筑前煮) or 肉野菜炒め
⇒肉野菜炒め

●茶碗蒸し or オムレツ、スクランブルエッグ、玉子焼き
⇒オムレツ、スクランブルエッグ、玉子焼き

コラム40_28_1イメージ

第1問は正解できましたか?

では、続いて第2問にいきましょう!

Q2.あん団子と蒸し饅頭では、水分量が多いのはどちらでしょうか?

コラム40_33_1イメージ
コラム40_34_1イメージ

気になる正解は・・・

コラム40_36_1イメージ

A.あん団子

コラム40_38_1イメージ

解説:お菓子の種類によって水分量は異なります。

コラム40_40_1イメージ

分量
(g)
エネルギー
(kcal)
水分
(ml)
たんぱく質
(g)
カリウム
(mg)
リン
(mg)
塩分
(g)
あん団子

100

201

50.0

3.8

44

50

0.1

蒸し饅頭

100

260

35.0

4.9

47

47

0.2


※女子栄養大学 監修「栄養Pro」から算出しています。
※材料によって成分が異なりますので目安としてください。

お菓子の種類は、生菓子・半生菓子・干菓子があり、お菓子に含まれている水分量と保存性によって分類されています。
水分量は 干菓子<半生菓子<生菓子 の順番で多くなります。
生菓子は30%以上、半生菓子は10〜30%以上、干菓子は10%以下の水分量が含まれていますので、暑くなる季節に食べたくなるプリンやゼリー等の生菓子は摂取量に気を付けましょう。

お菓子は楽しみ、息抜きの一つでもあると思いますが、水分量が多いお菓子もあります。
体重増加が多いときは、水分量が少ないお菓子を選びましょう。
また食塩や甘味の強い菓子類の摂取については、のどの渇きを招き、飲水量が増えて体重増加につながりますので、摂取量に注意が必要です。

下記図は、生菓子・半生菓子・干菓子の代表例です。お菓子を選ぶ際の参考にしてください。

コラム40_44_1イメージ
コラム40_45_1イメージ
コラム40_46_1イメージ
コラム40_47_1イメージ

おまけ

水分が多い・少ないを見分ける方法

コラム40_50_1イメージ

消費期限、賞味期限が異なる

パッケージや保存状態、菓子の材料によって多少の差はありますが、水分量が低いものほど日持ちし、水分量が多いものほど悪くなるのが早いです。

コラム40_53_1イメージ

【目安の期限】
生菓子は当日〜2日程

半生菓子は3日~1週間程  

干菓子は1か月~3か月程

コラム40_55_1イメージ

今回の透析食クイズ(水分編)はここまでです!

まとめ

水分は塩分と同様、摂り過ぎてしまうと体重増加を招いてしまいます。その結果、透析の除水量を増やすことになり、体に負担をかけてしまいます。

飲む水だけではなく、食事からの水分摂取量も増えないようにすることが必要です。
また、水分制限をするためには、塩分摂取量のコントロールも大切です。
塩分を摂り過ぎると、のどが渇き、水分を摂り過ぎてしまいますので、塩分の多い食事には気を付けましょう。


しかし普段は水分が溜まりやすい透析患者さんでも、夏場は脱水のリスクが高くなります。
夏場の水分の取り方については別のコラムに詳しく記載していますので、是非こちらもチェックしてください。


『夏場の水分補給』
▼こちら▼

コラム40_59_1イメージ

姉妹サイト