透析食クイズにチャレンジ!(リン編) - 透析食.com
ツイッター アイコン
インスタグラム アイコン
フェイスブック アイコン

2020年6月24日

透析食クイズにチャレンジ!(リン編)

透析食.comコーディネーター 酒井彩花

今回は透析患者さんにとって必要な食事管理の一つ【リン】について、クイズ形式でご紹介します。
第1弾【塩分編】は▼こちら▼
第2弾【カリウム編】は▼こちら▼

コラム38_2_1イメージ

リンが多い食材は?

気になる食事管理のポイントと一緒に学んでいきましょう!

コラム38_5_1イメージ

それでは第1問です!

Q1.そばとうどん、どちらのリンが多いでしょうか?

コラム38_9_1イメージ
コラム38_10_1イメージ

気になる正解は・・・

コラム38_12_1イメージ

A.そば

解説:うどんよりそばのほうがリンが多いです。

コラム38_15_1イメージ



分量
(g)
エネルギー
(㎉)
たんぱく質
(g)
カリウム
(㎎)
リン
(㎎)
塩分
(g)
そば(ゆで)
100
132
4.8
34
80
0
うどん(ゆで)
100
105
2.6
9
18
0.3

麺のみで比較すると、うどんはそばに比べてカリウム、リンが少ないです。
しかし、メニューによっては肉や天ぷらなどが加わることでリンが増えます。
また塩分については、汁を飲み干してしまうと、塩分の摂取量がさらに高くなってしまうので、注意が必要です。
汁がないつけ麺や炒め麺を選択することで、塩分を抑えることができます。

コラム38_18_1イメージ

主な麺料理の栄養成分↓



エネルギー
(㎉)
水分
(g)
たんぱく質
(g)
カリウム
(㎎)
リン
(㎎)
塩分
(g)
ざるそば
284
194.2
10.0
185
178
2.7
天ぷらそば
459
452.2
24.0
648
397
4.9
焼きうどん
407
293.9
12.2
309
121
2.7
月見うどん
420
501.2
16.0
447
225
5.5

メニューを選択する際の参考にしてください。
※女子栄養大学 監修「栄養Pro」から算出しています。
※材料の中身によって成分が異なりますので目安としてください。

第1問は正解できましたか?

では、続いて第2問にいきましょう!

Q2.鶏もも肉で作ったチキンカツと鶏むね肉で作ったチキンカツ、どちらのリンが多いでしょうか?

コラム38_26_1イメージ
コラム38_27_1イメージ

気になる正解は・・・

コラム38_29_1イメージ

A.鶏むね肉を使ったチキンカツ

解説:同じ鶏肉でも部位によってリンの値が異なります。 鶏もも肉に比べて鶏むね肉のほうがたんぱく質は多いため、リンも多くなります。

コラム38_32_1イメージ

鶏もも肉で作ったチキンカツの場合↓



分量
(g)
エネルギー
(㎉)
たんぱく質
(g)
カリウム
(㎎)
リン
(㎎)
塩分
(g)
鶏もも肉(皮なし)
90
114
17.1
288
171
0.2
こしょう
0.1
0
0.0
0
0
0.0
小麦粉
3
11
0.2
3
2
0.0

9.41
12
1.0
10
14
0.0
パン粉
12
45
1.8
18
16
0.1

10
92
0.0
Tr
Tr
0.0
合計

275
20.1
320
203
0.3

鶏むね肉で作ったチキンカツの場合↓



分量
(g)
エネルギー
(㎉)
たんぱく質
(g)
カリウム
(㎎)
リン
(㎎)
塩分
(g)
鶏むね肉(皮なし)
90
104
21.0
333
198
0.1
こしょう
0.1
0
0.0
0
0
0.0
小麦粉
3
11
0.2
3
2
0.0

9.41
12
1.0
10
14
0.0
パン粉
12
45
1.8
18
16
0.1

10
92
0.0
Tr
Tr
0.0
合計

265
24.0
365
230
0.3

コラム38_37_1イメージ

(部位ごとの栄養成分【鶏肉編】▼こちら▼に詳しく記載されていますので、こちらもチェックしてくださいね)

今回の透析食クイズ(リン編)はここまでです!

まとめ

リンは摂り過ぎてしまうとリンとカルシウムが結合して関節や血管に石灰化が起こり、心筋梗塞、脳梗塞を引き起こしてしまう場合があります。

主に肉、魚、乳製品、インスタント食品、加工食品に含まれます。
リンが多い食品、部位を知ることが大切です。

コラム38_42_1イメージ