暑い夏をどう乗り切る? 透析患者さんの夏バテ対策! - 透析食.com
ツイッター アイコン
インスタグラム アイコン
フェイスブック アイコン

2019年7月30日

季節・イベント

暑い夏をどう乗り切る?
透析患者さんの夏バテ対策!

透析食.comコーディネーター 管理栄養士 小川 久美

高温多湿な日本の夏。
気温の高さに加え、ジメジメした湿度で過ごしにくさを感じる方は多いと思います。
夏を乗り切るために、夏バテに負けない体を作りましょう。


夏バテの原因と症状
  • ・体がだるい
  • ・食欲がない
  • ・下痢
  • ・便秘

上記の症状が当てはまれば夏バテかもしれません。
夏バテになる主な原因は、『胃腸の弱り』と言われています。
暑い日にキンキンに冷えた飲み物を飲むと体を中から冷やせて熱中症対策には良い面もありますが、実は胃腸を弱らせてしまい夏バテの原因になります。
冷たい飲み物の飲みすぎには注意しましょう。
また、屋外の暑さと冷房の効いた室内との温度差で体が疲れを感じてしまうこともあります。
胃腸が弱ると食欲が出ない、食欲が出ないと栄養が摂れない、栄養が摂れないと疲れが取れない、と悪循環の無限ループに陥ってしまいます。

夏バテを防ぐには
バランスの取れた食事

夏場は冷たい食べ物が好まれますが、胃腸を冷やしてしまいます。
胃腸が冷えると胃腸の動きが鈍くなり消化不良を起こすので冷たいものの食べ過ぎには注意しましょう。
冷たい飲み物の飲みすぎには注意しましょう。 夏の定番のそうめんやざるそばはさっぱりしていてのど越しがよく、食欲がない日でも食べやすいですが、それだけだと栄養が偏ってしまいます。
エネルギーやたんぱく質をしっかり摂りましょう。


↓夏にオススメ!透析食.comレシピ↓

牛肉のおろし薬味だれ


彩りそうめん


ゴーヤチャンプルー


睡眠

体の疲れは寝ているときに回復します。
睡眠時間をしっかり確保しましょう。
夏用のひんやりするシーツや枕カバーを使用すると、暑くて寝苦しい夜も快適に過ごすことができますよ♪


温度管理

暑い外からクーラーの効いた部屋に移動すると涼しくて気持ちよく感じますが、外でかいた汗が体の熱を奪い、更にクーラーの風で体が冷えすぎてしまいます。
クーラーの設定温度は外の気温±5℃を目安にすると、気温差による体の不調が軽減されます。
また、クーラーの風が直接当たらないように気をつけ、寒さを感じたら上着を羽織ったり、クーラーの設定温度を上げるなどして体を冷やし過ぎないようにしましょう。


夏を満喫するために、まずは体の調子を整えましょう。
人工透析を受けている患者さんは水分の制限がありますが、汗をかく夏場は適度な水分補給も必要です。
夏場の水分補給についてのコラムもありますのでそちらもぜひ読んでみてくださいね♪


コラム*猛暑を乗り切るために*

姉妹サイト