外食が多い方必見!外食メニューの注意点 - 透析食.com
ツイッター アイコン
インスタグラム アイコン
フェイスブック アイコン

2019年6月6日

中食・外食

外食が多い方必見!外食メニューの注意点

透析食.comコーディネーター 管理栄養士 小川 久美

普段から外食をする機会が多い。
家族・友人とお出かけをした際に外食をする。
「今日は料理をするのが面倒・・・」と、外食で済ませてしまう・・・。
理由は様々ですが、ついつい外食が多くなってしまう、という方も多いのではないでしょうか。
しかし、人工透析患者さんは食事に制限があるため、「塩分多くないかな?」、「カリウム量はどれくらいだろう?」と不安に感じることもありますね。
今回は食事をする際の注意点をまとめました。
※本コラムの栄養価は通常の1食当たりの平均的な値です。

とんかつ定食

エネルギー・・・959
たんぱく質・・・39.8g
カリウム・・・・840
リン・・・・・・425
塩分・・・・・・3.4g

メイン食材の豚肉には、たんぱく質、リンが多く含まれます。
さらに揚げているためカロリーが高く、ソースも塩分が多いので、食べすぎやソースのかけすぎには注意が必要です。
また、付け合わせのキャベツはカリウムを多く含みます。“キャベツのおかわり”はしないようにしましょう。
お肉の部位によって栄養価が異なるのでカリウム、リンが多いヒレ肉・モモ肉は避け、ロース肉を選ぶとよいでしょう。

エビフライ定食

エネルギー・・・623㎉
たんぱく質・・・15.1g
カリウム・・・・306㎎
リン・・・・・・215㎎
塩分・・・・・・3.3g

揚げ物の中でもフライは衣に油を多く含んでいるため、エネルギー量が多くなります。
普段から摂取エネルギー量が多い方は気をつけましょう。
また、エビはリン・カリウムどちらも多い食材です。大きいものならば2本までにしましょう。

ハンバーガーセット

エネルギー・・・849㎉
たんぱく質・・・19.2g
カリウム・・・・1160㎎
リン・・・・・・280㎎
塩分・・・・・・2.6g

ハンバーガーは手軽に食べることができる外食メニューですが、フライドポテトを一緒に食べる際は注意が必要です。
フライドポテトはカリウム・塩分が非常に多いので食べすぎないように注意しましょう。(Sセット、もしくはサラダセットが理想です)

そば

エネルギー・・・355㎉
たんぱく質・・・12.9g
カリウム・・・・191㎎
リン・・・・・・223㎎
塩分・・・・・・2.5g

あまり知られていませんが、そばはリンが多く含まれる食品です。
さっぱりしていて食べやすいですが、食べすぎには注意しましょう。
麺類は、種類によってリンの含有量が変わります。
そばや中華麺はリンが多く、うどんやそうめんは少なめです。
また、そばだけだとエネルギー量とタンパク質が足りないので天ぷらなどをプラスするとバランスがよくなります。

定食には汁物、漬物がついていることが多いと思います。
塩分を減らすには、汁物を半分残す(水分量の制限にもgood)、漬物は残す(漬物だけで2g減)と効果的です。

最近はエネルギー量や塩分量をメニュー表に記載しているお店もありますが、カリウム量、リン量までメニュー表に記載しているお店は少ないです。
外食は便利ですが、人工透析患者さんには自分用に家庭で調理された料理が1番です。
外食はたまの楽しみくらいがちょうどいいかもしれませんね。

姉妹サイト