猛暑を乗り切るために - 透析食.com
ツイッター アイコン
インスタグラム アイコン
フェイスブック アイコン

2018年7月26日

季節・イベント

猛暑を乗り切るために

透析食.comコーディネーター 管理栄養士 小川 久美

今年の夏は連日の猛暑日で熱中症になってしまう方が多く見られます。
外で活動している人はもちろんですが、室内でも油断はできません。
蒸し暑い部屋で空調を調整せずに過ごしていると脱水状態となり、熱中症になってしまう危険性があります。
熱中症対策には水分補給が欠かせません。
しかし、透析患者さんは水分制限があるからと、喉が渇いていても我慢していませんか?
今回は猛暑を乗り切るためのポイントを紹介します。





ポイントは3つ! 水分・塩分・体温管理!

水分

大量に汗をかいた場合は普段と同じように水分制限をするのは危険です。
脱水になるとシャント閉塞・脳梗塞・心筋梗塞を起こす恐れがあります。
汗をかいた分だけ水分補給するのが理想です。
汗をかく前(外出前)と汗をかいた後(帰宅後)に体重を測ってみましょう。
体重が減っている場合は水分が足りていない証拠です。
これを繰り返して、自分に適切な水分を確保しましょう。
水分の摂り過ぎを懸念される場合は氷を1つなめるのも効果的です。
脱水になると血圧が下がってしまうので血圧を測定し、脱水になっていないか見分けましょう。

塩分

できるだけ塩分を少なく摂取することを心掛けていらっしゃると思いますが、大量に汗をかいた場合は塩分を補給することが大切です。
市販されているスポーツドリンクはNa量が多いので、水で薄めて飲むことをお勧めします。
塩分を含んだ飴なども販売されていますが、透析患者さんには塩分量が多いので食べないようにしましょう。





体温管理

日差しの強い猛暑日は5分間外に出ているだけでも汗をかくほどの暑さです。
外出される場合は脱水のほかに体温上昇による熱射病の危険もあります。
透析患者さんの中には汗をかきにくくなっているかたもいらっしゃると思います。
汗をかきにくくなっている場合は体に熱がこもりやすくなっています。
体温を上げないために、首に冷感タオルを巻いたり、冷感シートを貼るなど熱中症対策グッズを活用しましょう。
飲み物を凍らせたペットボトルを持ち歩き、熱をもっている部分にあてることも効果的です。
また、日中だけでなく、日の沈んだ夜でも油断はできません。
クーラーで室温を適温に保ち、寝る前には水分補給を行いましょう。





さいごに

今年の夏は記録的な猛暑日が続き、熱中症で搬送されるというニュースが連日放送されています。
いつ、どこにいても熱中症になるリスクはあります。
この夏を乗り切るために水分の摂りかた、暑い場所での過ごし方を見直してみましょう。

姉妹サイト